4月22日の反省会

概要

日時

4月22日土曜日 18:45

場所

出席者

来たのは、以下。

  • みやさか
  • 後藤(遅れて参加)
  • しげる
  • 田中
  • 酒井
  • ゆいちゃん
  • りょうたろう

ジンジャーハイボールが美味しかった。

後藤振り返り

結局1万円ぐらい余った。

ビールは追加したらしい。また、ソフトドリンクは余っており、その余った分は料金からひいてくれたとのこと。それは2次会にまわした。

しげる

着手が遅いことを反省としていた。

フォトブック

参照したい人が多かったようだ。手元で見れないのは残念だったと思う。もう1冊注文しておいて、何かの集まりがあった場合、手にとって参照できるようにした方がいいのかな。

のりよしの振り返り

ウットリより○○ロスになってきたけど、記憶があるうちに振り返っておきます。

【今回の会で良かった点】

  • ①目標達成できなかったけど、多くの人が集まった事。
  • ②準備した式次第におおよそ満足出来た事。
  • ③準備段階で多くの人と共有出来ていた事。

【これを引き出すには】

  • ①宮のがんばり
  • ②ゴーリキの仕事ぶり
  • ③吉井先生奥さんの参加

①宮のがんばりについて

今回の立役者、宮のやる気が非常に大きな会でした。ゴーリキも言っていたが、宮のキャラではない気がしたけど、おかげで多くの人が集まりました。特に電話をした・・のラインはびっくりというより、感動でした。こういうのって大切だね。

②ゴーリキの仕事ぶり

業務連絡のようなラインでしたが、的確な指示で誰が何をするか明確でした。各自の役割分担もはっきりして。これにより、会の進行もスムーズに進み、みんなの達成感を持つことができたと思います。

③吉井先生奥さんの参加

正直、奥さんが参加することは我々の首を絞めるようで、最初乗り気ではなかったけど、いい意味で、ゴーリキの首を絞めてくれてよかったよ。まー実際、奥さんや家族の参加は会を非常に盛り上げてくれたと思います。

【今回の反省】

全体としては非常に良かったとおもいますが、いくつかの改善点を挙げておきます。

①全体的にちょっと間延びした感があった。(3時間を通して)

ビデオメッセージは非常にいい手段でしたが、今回は3人でしたので、もう少し参加があればよかった。ただし、この他にも当日ビデオ電話をするとかSNSでメッセージをもらう。とかでもありかな・・

当日の参加者にインタビューするか、マイクパスしてもらって一体感を持つ。など・・・

②食事について

これは今回はしょうがない気もするが、もう少し最初から、みんなに食べてもらうように気を遣えば・・・

③写真・ビデオの取り扱い

ラインとかにみんなの撮ったのをUPしてください。とアナウンスしておけばよかった。(今からでもできる)

④フォトアルバムについて

提出者はみたいだろうから、当日打ち出したのでも持っていくか、ラインにUPしておいても良かったかも。

以上書き留めておきます。 まー次回やるときも、宮みたいな強い気持ちを持った人と、事務的にも作業をしてくれる人の存在は必要だね。

くされ

君の頑張りも認めているよ。

幹事の皆んながそれぞれの仕事を文句も言わずにやった。いや、やれたと言う事が今回の会の満足度になってると思います。何も出来ない私に代わり皆んなが色々やってくれて、その上、一番美味しい乾杯の挨拶をさせてくれた幹事には本当に感謝しています。ありがと。

しかし、これは次回の反省にはつながらないので、後書きします。

宮坂のふりかえり

【反省点】

  • 連絡は取れたけど、参加できなかった人達の近況を会でちゃんと報告するべきだった。
  • 参加できなかった人で先生と年賀状やりとりしてる人はいなかったか (この辺は今度会って聞いてみる)
  • フォトブックはみんなにも見て欲しかった
  • 一次会でもっと積極的に先生と一緒に色んなテーブルを回るべきだった (たぶん、話が出来てない人もいる)
  • 都内から来てる人も多く、次は大人数でやる場合は、池袋かな?

後藤

かなりの仕事してるでしょ

  • 会場の予約&段取り&交渉&下見
  • お祝い(花束、酒)の安価での手配、
  • 横断幕の無料作成、
  • 当日の大枠の作成、
  • 宮坂の飲みの相手

感謝です!

タイムチャート(3月25日のミーティングで決めた内容)

16:00スタート、19:00終了の予定で組んでいたもの。

サプライズにしたかったので、公開範囲は幹事のみとしていたもの。

14:00頃

幹事や手伝ってくれるメンバは早めに集合して、ミーティング。 足りないものに当日気づく可能性もあるため、買い物できる時間を確保。

集合場所:志木駅 集まってほしい人 後藤(幹事)、しげる(司会)、すえ(司会)、のりよし(対面打ち合わせ)、カンチ(受付)、山田(音響) さかい、ゆい:練習したいから

15:00 会場に入る

15:30~16:00 受付開始

開演時間は伝えているけど、受付開始時間は伝えていないので、事前に宮坂から伝える。

(サプライズ&歓談タイム)

16:00 開演、宮坂と吉井は会場に移動を開始。

受付で吉井に白衣を着せる。

静まり返っているなかで、白衣を着た吉井が登場する。 目隠しをしたまま、ステージにあげる。

16:10 吉井登場。目隠しをとる。

みんなクラッカーを鳴らす。

16:20 乾杯の挨拶(挨拶はのりよし)

歓談タイム 懐かしいビデオ上映(垂れ流す)

16:30 志木駅に奥さん、娘さんを迎えに行く。

のりよしが、迎えに行き、誘導する

のりよしが迎えに行く。 奥さんとのりよしがどこで待ち合わせるかは調整お願い。

17:00 奥さん登場!

「吉井先生と縁の深いゲストにきていただいてます」的なあおりを司会が言う。

入り口に注目させ、扉が開くと奥さんと娘さんがいる。 ステージにあがってもらう。

司会が奥さんに赤いちゃんちゃんこを渡す。 奥さんは受け取ったちゃんちゃんとこを吉井に着せる。

17:15 海外組み ビデオメッセージ

17:30 ブルゾン山田 with B→のりよし100%

17:45 ゲーム等

ゲームは決めなかった。。。

・サイコロトーク ・ゲーム等 ・マイクリレー

18:20 吉井家族からの手紙(BGMは16小節のラブソングの指定あり)

18:30 プレゼントを渡す。フォトアルバム、お酒

18:35 花束渡す

18:40 先生の挨拶(締め)

18:50 終了

2次回への案内をプロジェクタに写す。

会計、2次会へ。

19:15 2次会。

2次会への案内。司会と受付担当で誘導。

すえ、かんち、しげる、りょうたろう

タイムチャート案(2月24日話したバージョン)

1.考え方や前提

(1)時間

会場は3時間使える

(2)3つに分ける

3時間の使い方として、以下の3つに分ける。

3時間を3つに分けるといっても、均等に1時間ずつ分けるというわけではなく、大まかな考え方という意味。

①サプライズ&歓談タイム

  • 吉井へのサプライズ(実は退職・還暦祝いでしたの驚き)
  • 歓談
  • 吉井家族登場(この時間の)

②催し物タイム

  • ビデオメッセージ
  • サイコロトーク

こういう催し物があれば、吉井家族も気まずくないだろうという予想。 吉井家族がその場に居にくいような雰囲気を感じたら、宮坂と後藤で接待。

③涙タイム

プレゼント、奥さんに手紙読んでもらう。

(3)吉井は宮坂が連れてくる

吉井と宮坂は利用駅が一緒ということで、宮坂が車に乗せて吉井を宮坂実家に行く流れにする。

宮坂実家と志木駅の中間に会場となるベルセゾンが位置するため、志木駅を利用するみんなとは鉢合わせしないだろうという考え。

2.タイムチャート案

14:00頃

幹事や手伝ってくれるメンバは早めに集合して、ミーティング。 足りないものに当日気づく可能性もあるため、買い物できる時間を確保。

(サプライズ&歓談タイム)

15:30~16:00 受付開始

16:00 開演、宮坂と吉井は会場に移動を開始。

16:10 吉井登場・白衣を着せる。ここからは歓談

16:20 乾杯の挨拶(挨拶はのりよし)、歓談タイム

16:30 志木駅に奥さん、娘さんを迎えに行く。 迎えに行き、誘導してくれる人が必要

17:00 奥さん登場!ここで赤いちゃんちゃんこを着せる。

(催し物タイム) * ビデオメッセージ * サイコロトーク * 懐かしいビデオ上映 * ゲーム等

(催し物タイム)

18:30 吉井家族からの手紙(BGMは16小節のラブソングの指定あり)

18:40 プレゼントを渡す。フォトアルバム、お酒

18:45 先生の挨拶で締めてもらう。花束はここで渡す。

19:00 終了

19:15 2次会。

会計、2次会へ。

タイムチャート 2/23 山田案

以下たたき台。

なんとなく、通勤電車の中で考えたやつ。後藤が2/24に案を持ってきてくれるようなので、違いもみたい。

必要な役割の人、必要な物品なども妄想してみる。

前提条件

バンドは呼ばない

バンドの方々がいる場合も考えてみたけど、2時間だとものすごく慌ただしくなる。なので、ここでは考えてない。

同窓会の開催そのものをサプライズにする

奥さんと娘さんは16:30に志木駅に来る

会の中で実施するイベント

イデアであがったものは、できるだけ実施する

タイムチャート

13:00 プロジェクトメンバ集合&最終打ち合わせ(のりよしがキーマンになるので、のりよしとは対面で最終確認しておきたい。)

14:00 のりよしと吉井は志木駅で合流。どこかで飲み始める。この時間に飲み始めるのは、吉井とみんなを駅で鉢合わせにさせないため。あえて、のりよしは反対側で飲むこと。または、隣駅くらいで飲む。

15:30~16:00 受付開始(会費はここで集める) 受付をやってくれる人は募集、名簿用意、お金の勘定をしてくれる人。

16:00 開演、のりよしと吉井は会場に移動を開始。

16:10 のりよしと吉井登場

16:20 のりよし乾杯の挨拶

16:25 花束贈呈、白衣着せる、歓談

花束を渡したい人を募集する

16:45 懐かしいビデオ鑑賞(30分ぐらいを予定)

17:15 来れなかった人のビデオメッセージ(15分ぐらいを予定)

17:00 志木駅に奥さん、娘さんを迎えに行く。 

迎えに行って、誘導してくれる人が必要

17:30 奥さん登場!手紙読んでもらう。

17:45 先生の挨拶で締めてもらう。

プレゼントを渡す。

18:00 終了

以降、会計。 2次会へ。

タイムチャートを妄想してみて考えたこと

歓談時間が短い

上だと、歓談時間が短い。みんなで懐かしさに昔話をしたいと思うのだけど、その時間確保が難しいと思う。

何をサプライズにするか

サプライズを確実にするためには、吉井との鉢合わせを避ける必要がある。吉井との鉢合せを避けるアイデアが欲しい。

会の開催そのもののサプライズは難しいのではないかな。酔った流れで来られるのもイマイチ感ある。

となると、奥さんと娘さんの登場くらいがサプライズになる。

やること盛りだくさん

やることてんこ盛り。2時間は短い。3時間あれば、余裕があると思うのだが。時間って伸ばせるものだろうか。

また、懐かしいビデオ鑑賞は無くてもいいのではないか。または、垂れ流しにする程度で。